MBTI 生きづらさ≒社会不適合ランキング

MBTI 生きづらさランキング アイキャッチ

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)による性格分類の中で、各タイプが抱える生きづらさについてランキングが作成されています。生きづらさを感じる部分は社会不適合な部分と言い換えても良いでしょう。MBTIは、自己理解や他者理解に役立つため、様々な場面で活用されています。

このランキングを通じて、自分自身や周りの人々の性格について理解を深め、社会での生きづらさについて考えることができるかもしれません。

目次

MBTI 生きづらさランキング

1位:INFP(仲介者)

理想主義的で繊細なタイプです。自分の内面や感情に敏感で、自分の信念に忠実に生きようとします。

しかし、自分の価値観と現実とのギャップに苦しむことが多く、自分の居場所を見つけるのが難しいです。また、他人の感情や期待に敏感であるため、人間関係の悩みを抱えやすいです。

2位:INTP(論理学者)

理論的で論理的なタイプです。貪欲な知識欲を持ち、複雑な問題に挑戦するのが好きです。

しかし、感情的な人間関係や非論理的な事象に対処することが苦手です。また、自己表現が苦手であるため、自分の意見をうまく伝えられないことに悩みます。

3位:ISFP(冒険家)

感覚的で個性的なタイプです。自分の感覚や美意識に従って行動することが多く、自分らしさを大切にします。

しかし、自分の価値観や感覚を理解してもらえないことに苦悩します。また、コミュニケーションが苦手であるため、人間関係に悩むことがあります。

4位:ENFP(広報運動家)

情熱的で独創力があり、かつ社交的なタイプです。多様な興味を持ち、変化や冒険を楽しみます。

しかし、自分に合った生き方やキャリアを見つけることが難しいです。また、計画性が苦手であるため、目標達成に悩むことがあります。

5位:INTJ(建築家)

高い知性と独立心を持つタイプです。自分の考えや計画を実現することに情熱を持ちます。

しかし、他人の理解や協力が得られないことにストレスを感じることがあります。また、感情のコントロールが苦手であるため、人間関係に悩むこともあります。

6位:ENTP(討論者)

アイデアが豊富で知的挑戦を好むタイプです。新しいことに興味を持ち、創造的な解決策を見つけます。

しかし、自分の考えを実現するための具体的な行動に移すことが難しいです。また、ルーティンワークが苦手であるため、安定した生活を築くことに悩みます。

7位:INFJ(提唱者)

物静かで神秘的なタイプです。独自の世界観を持ち、他人に理解されにくいです。

しかし、人々を非常に勇気づける飽くなき理想主義者でもあります。自分の信念に従って行動することが多く、現実との矛盾や不一致に苦悩します。また、過剰な自己犠牲を求められることに疲れることもあります。

8位:ISTP(巨匠)

独立心が強く実践的なタイプです。自分の興味や好奇心に従って行動することが多く、物事を分析したり解決したりするのが好きです。

しかし、束縛や制約を嫌うため、ルールや規律を守ることに苦しむことがあります。また、感情的なコミュニケーションが苦手であるため、人間関係に悩むことがあります。

9位:ISFJ(擁護者)

責任感が強く忠実なタイプです。自分の役割や義務を果たすことに情熱を持ちます。

しかし、自分の役割を果たせないことにストレスを感じます。また、自分の感情を押し殺すことが多いため、内面的な苦悩がたまることがあります。

10位:ISTJ(管理者)

徹底的にルールを守るタイプです。自分の責任や義務を果たすことに情熱を持ちます。

しかし、他人の非合理的な行動にストレスを感じることがあります。また、変化に適応するのが苦手であるため、状況の変化に戸惑うことがあります。

11位:INTJ(指揮官)

高い知性と独立心を持つタイプです。自分の考えや計画を実現することに情熱を持ちます。

しかし、他人の理解や協力が得られないことにストレスを感じることがあります。また、感情のコントロールが苦手であるため、人間関係に悩むこともあります。

12位:ESFP(エンターテイナー)

社交的で楽天的なタイプです。人々を楽しませることが得意で、変化や冒険を楽しみます。

しかし、人間関係のトラブルや評価を気にすることが多いです。また、計画性が苦手であるため、目標達成に悩むことがあります。

13位:ENFJ(主人公)

カリスマ性があり、人々を励ますリーダー型です。聞く人を魅了するコミュニケーション能力を持ちます。

しかし、他人の期待に応えようとするあまり、自分のニーズを犠牲にすることが多いです。また、人間関係の調和を重視するあまり、自分の意見を抑えることがあります。

14位:ESTJ(幹部)

強いリーダーシップを発揮するタイプです。大胆で効率的で強い意志を持ちます。

しかし、他人からの反発や批判に悩むことがあります。また、柔軟性に欠けるため、変化に対応するのが苦手です。

15位:ESTP(起業家)

行動力があるタイプです。状況に応じて適応することが得意で、チャレンジや冒険を楽しみます。しかし、長期的な計画や目標達成に悩むことがあります。また、感情的なコミュニケーションが苦手であるため、人間関係に悩むことがあります。

16位:ESFJ(領事館)

人間関係を大切にするタイプです。他人のニーズや感情に敏感で、協力的で思いやりがあります。

しかし、他人の期待に応えられないことや批判に悩みます。また、自分の感情やニーズを無視する傾向があるため、ストレスがたまることがあります。

まとめ

MBTIの生きづらさランキングを見て、自分自身や周りの人々の性格について深く理解することができました。16種類のタイプは、それぞれ異なる特徴を持っており、個人の強みや弱みを表現することができます。このランキングを通じて、自分自身や周りの人々をより深く知ることができ、自己理解や他者理解に役立つことが分かります。また、タイプごとに抱えている生きづらさを知ることで、自分や周りの人々の気持ちを理解することができます。

MBTIは、人格心理学の理論であり、多様性を尊重し、人間の個性を尊重することを強く提唱しています。ランキングによって、各タイプが抱える生きづらさを可視化することができます。そして、それぞれのタイプが持つ強みや個性を活かし、自分に合った生き方を見つけることができます。MBTIを活用することによって、自分自身の性格や職業適性を把握し、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

自分自身の性格について理解を深めることは、自己肯定感を高める上で非常に重要です。ランキングを見て、自分自身がどのタイプに当てはまるのかを考えることで、自分自身について深く知ることができます。そして、自分自身が持つ強みや個性を理解し、自分に合った生き方を見つけることができます。

また、周りの人々との関わり方についても考えることができます。ランキングを見て、周りの人々がどのタイプに当てはまるのかを考えることで、他者理解に役立ちます。自分自身のタイプと周りの人々のタイプを知ることで、より円滑な人間関係を築くことができるでしょう。

MBTIは、自己理解や他者理解に役立つ貴重なツールです。自分自身や周りの人々との関わり方について深く考えることで、より良い人間関係を築くことができます。ぜひ、MBTIを活用して、自分自身を知り、周りの人々とより良い関係を築いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次